まさか自分が不妊で悩むなんて思ってなかった?

妊娠なんて誰でも簡単にできると思っていたのに、
なかなか妊娠できない。
そんな私の妊娠までの簡単なプロフィールを。

妊娠写真

まだまだ大丈夫と思っている妊活前の貴方へ
「手遅れ」にならないために

すぐに妊娠できた35歳の頃

昔から、子供がいる未来が当たり前だと思っていました。
その想像通り、第1子は子作り開始と同時に妊娠しました。

でも、周りには不妊で悩んでいる友人もいて不妊が
他人事ではないことは頭では理解できているつもりでした。

「2人目不妊」という言葉を知ったのもこの頃です。

 

第2子の子作りを開始した37歳の頃

「私も2人目不妊で悩むかも知れない」と覚悟をした上での
第二子の子作りを開始。

覚悟していても、第1子がすぐにできたので心のどこかで
すぐ妊娠ができるんじゃないか
と期待していた自分がいました。

基礎体温も毎日測定し、排卵日検査薬も利用してタイミングも
しっかり計算して子作りしているのに

何ヶ月経っても1年経っても妊娠しない。

なかなか妊娠しない現実にどんどん焦りを感じました。
自分も二人目不妊かもしれないと覚悟をしていたつもりですが、
どうにもならない現実が受け入れられません。

年齢はどんどん上がっていく一方。。。。

 

諦めきれないけど不妊治療をする時間もお金もなくて

遂に産婦人科に行くようになりました。

排卵はしているようだし、卵管通水検査も行いました。
排卵をコントロールする注射も行い、様々な検査も行いました。

子供連れでの通院は大変でしたし、お金もそこそこかかりました。

ここまでしているのに妊娠しない現実。

これ以上は本格的な不妊治療しかないと医師に告げられ、かなり迷いましたが、
不妊治療にかけるお金も時間も体力もなく、諦めることに。

思い詰めてしまい、辛い日々が続きました。

友人の妊娠・出産の報告を祝福できなかったり、
そんな自分が嫌になったりで悪循環でした。

しかし、第1子の無邪気な姿を見ていて
「まだいない第2子のことを思うより、今いる第1子のことを1番に考えないと」
と、育児への姿勢を改めました。

無いものねだりをしていても妊娠はしないし、
良いママにもなれない。

それに妊娠できないことでギクシャクする夫婦も少なくありません。

それなら、
「出来る努力をしながら気長に気楽に待とう」
と、気持ちを整理してとても楽になりました。

家でできる妊活はないものか?
色々と調べているうちに葉酸サプリの存在を知りました。

基礎体温の測定と排卵日検査薬の利用、さらに葉酸サプリで身体を整える。
これなら育児や家事に支障はないし、お金も不妊治療よりかなり安くて継続できる。

あまり神経質にならないようにこころがけ、基礎体温の測り忘れやサプリの飲み忘れ
なんて日も多々ありましたがとにかく気長に続けました。

そうしているうちに妊娠することができました。
第1子の育児ものびのびでき夫婦仲も良く、何もかもが順調で幸せです。

是非、葉酸サプリを試してほしいです。