産後の骨盤のケア、骨盤矯正とは?効果的な時期とは?

出産前後に産後太りや骨盤ケアが大切と言う話を聞いたことがある方は多いと思います。

「自分も気を付けよう!」と思っていても、約10ヶ月の妊娠期間と出産を乗り越えるとホッとする間もなく育児がスタートします。

日々寝不足と戦いながら赤ちゃんのお世話で忙しく、気が付けば自分の事は後回しという女性も多いのではないでしょうか。

実際辛かったつわりや浮腫み、大きなお腹を抱えての生活は、幸せを感じるのと同時に想像以上に大変なものです。

「妊娠・出産」と言う大事業を終えた女性の体は、妊娠前とは比べると大きく変化しています。そしてこの変化は時間をかけて徐々に元に戻りますが、実は産後の過ごし方でこの回復には大きな差が生まれます。

たった数ヶ月の過ごし方で、その後何年も不調を感じたり、産後太りに悩みダイエットに苦労してしまう人もすくなくありません。

当記事ではそんな産後に多いトラブルを回避する、骨盤ケアやメンテナンスについてまとめています。

 産後はどんなトラブルが起こりやすいの?

 ①骨盤のゆがみが原因で起こる「腰痛」や「恥骨痛」、「尿漏れ」

妊娠するとお産がよりスムーズになる様に「リラキシン」というホルモンが分泌される事で骨盤が緩むので、妊娠中から腰痛や恥骨痛に悩まされる人も少なくありませんが産後は特に注意が必要です。

出産後の骨盤は広がり緩んだ状態なので安定していません。

この時期に無理やり動き回ってしまうと、歪んだまま骨盤が固まってしまい腰痛などの原因になります。

また妊娠中は子宮がどんどん大きくなる事で「骨盤底筋」と言う筋肉がゆるんでしまいます。

この骨盤底筋は、骨盤の底の部分で子宮や膀胱を支えているハンモック状の大変重要な筋肉です。

この筋肉が緩むと姿勢が悪くなったり、膀胱に圧がかかった時に尿が漏れるのを我慢する事が難しくなります。

 ②妊娠中に増えた体重が戻らない「産後太り」や「下半身太り」

出産後大きかったお腹は徐々に元に戻ったのに、妊娠中に増えた体重が元に戻らない産後太りや、何故か下腹だけがポッコリと出てしまう等の体型の乱れに悩む女性も少なくありません。

特に産後はダイエットに苦労する方が多いようです。

実はこの下腹がポッコリ出てしまう体型の乱れには、大きな原因があります。

これは妊娠中に赤ちゃんを守る為増加した脂肪が原因なだけではなく、妊娠中大きくなった子宮を支える為に骨盤が緩んで開いたり、内臓を正しい位置で支える働きを持つ骨盤底筋が緩み、出産後押し上げられていた内臓が下に下がる事でお腹がぽっこりと膨らんでしまうのです。

また妊娠中は必然的に運動不足になりやすく、結果的に腹筋や骨盤底筋、太腿の内側にある内転筋という筋肉も衰えてしまいます。

これらの筋力の低下と出産による骨盤の緩み・ゆがみは血行不良、代謝不良、冷え性の原因となり下半身に脂肪がつきやすくなってしまうのです。

 産後のケアは6ヶ月以内に行うのが重要!

これらの産後に起こりがちなトラブルを回避するためには、「骨盤矯正」と言われる骨盤のケアが大変重要になります。

骨盤矯正でゆがんだ骨盤をメンテナンスし、下垂した内臓を正しい位置に戻す事で筋肉を正しく動かし新陳代謝を促します。

しかし産後6~8週間は産褥期と呼ばれ、産後の悪露が続き骨盤も安定していません。

産褥期は体の回復の為、なるべく安静に過ごし体を休める事が重要です。

この時期に無理をすると、反対に骨盤を歪める原因になってしまうので注意が必要です。

一般的に骨盤矯正は、産後約1か月後(帝王切開などの場合は約2か月後)から始めるのが良いと言われていますが、体の調子を見ながら無理をせず産後6カ月頃までには行う事が重要です。

産後6ヶ月を過ぎると、出産によって緩んでいた骨盤や周辺の靭帯なども固くなりはじめるので効果が出辛くなるほか、産後のトラブルの原因になる可能性があるので気を付けましょう。

 産後に効果的な骨盤矯正とは?

骨盤矯正にはいくつか方法があるので、自分に合ったものを選んで無理せずに骨盤のケアを行いましょう。

  • 産褥運動

産後病院でも指導される事もある「産褥運動」は、妊娠によって低下してしまった筋力を回復させる運動です。体を横にしたままできるものもあるので、産後6~8週間を目安に無理をせず取り組みましょう。

産褥運動は悪露の排出や子宮の収縮促進、筋肉の引き締め、疲労回復、母乳の分泌促進など産後の体に良い効果が沢山あります。

  • 骨盤ベルト

骨盤矯正の代表的アイテムの一つが骨盤ベルトです。出産によって不安定になった状態の骨盤をサポートしてくれるので、骨盤が緩んで腰痛や恥骨痛などで悩んでいる人にもおススメのアイテムです。

間違ったサイズや着用方法では逆効果になってしまうこともあるので注意が必要です。また骨盤ベルトに頼りすぎると周辺の筋力の低下につながるので、骨盤が安定して来たら徐々に運動を取り入れると良いでしょう。

  • 産後ガードル

下着のようにしっかりと体を包み込み、適度に加圧する事で体を引き締めるのをサポートしてくれます。またお腹をしっかりと包む事で新陳代謝を促進し、産後のダイエットにも効果的です。

産後たるみやポッコリお腹が気になる時にもシルエットを美しく補正してくれる点も女性には嬉しいですね。

  • 骨盤体操

骨盤体操は主に骨盤を整えるために行う運動です。

1日10分程度、無理ない範囲で出来るストレッチの様なものが多いので、体の調子が良い時にベルトやガードルなどを併用しながら行うのも良いでしょう。また継続する事で痩せやすく健康的な身体作りに繋がります。

いかがでしたか?

出産後の骨盤ケアはしっかりと行う事で産後太りの解消だけでなく、健康的な肉体づくりに欠かせない重要な要素です。

赤ちゃんのお世話で疲れている時は無理をせず、自分に合った方法を取り入れ骨盤トラブルと無縁の育児ライフにつなげたいですね。

あなたにおすすめの記事


検査薬文字入り

コメントを残す