韓国の産後調整院とは?

日本では出産を終えて退院した後の生活と言うと、里帰り出産後そのまま暫く奥さんの実家でお世話になる人や、自宅に戻り自分たちのお母さんに通ってもらう人が一般的ではないでしょうか。

中には退院後は、夫婦だけで赤ちゃんのお世話を頑張っている人達も少なくありません。

産後はゆっくり安静にする事が重要と言われていますが、実際にはなかなか難しいのが現状です。

しかし韓国では産後のケアは特に手厚くなっており、産後は「産後調理院」と呼ばれる専門のケア施設で過ごすか、区から派遣してもらえるお手伝いさんに来てもらう事が一般的になっています。

ここでは韓国では利用するのが当たり前になっている、「産後調理院」についてまとめました。

韓国の産後調理院とはどんなところ?

日本ではあまり耳慣れない産後調理院(サヌチョリウォン)とは、出産を終えた女性が体を休める為に過ごすケア施設の名称です。

韓国では1997年以降、産後ケアに力を入れる産院や企業が増加し、ここ20年で一般的になりました。

産後調理院の名称の「調理」とは「体を整える事」を意味しています。韓国では調理院は産院とは違いゆっくりと過ごせるように、様々なサービスが用意されており看護師が常駐しています。

施設も産院が併設して一緒に営業している場合もあれば、独立した調理院を企業が営業している場合もあります。

中にはホテルの様な豪華な部屋になっている調理院もあります。

入院期間は一般的には約2~3週間、希望する場合は延長する事も可能なようです。基本的に調理院に入っている間は、赤ちゃんは新生児室で預かってもらう事が出来ます。

また赤ちゃんのお世話だけでなく、ヨガやエステなどの様々なサービスを入院中に受ける事が出来るのも特徴です。

韓国人女性の何割位の人が利用するの?

韓国の女性は出産後、ほぼ100%に近い割合で産後調理院を利用します。

妊娠が分かると産院と一緒に自分の希望に沿った調理院を予約するのが当たり前になっている様です。

韓国では妊娠・出産は尊い事であるという考えが根底にあるので、お姑さんから調理院を利用する様にお金を渡される事もあるそうです。

またあまり予約するのが遅くなってしまうと、人気の調理院は一杯で予約が取れなくなってしまう事も。

日本でも人気の産院は分娩予約が早く埋まってしまうので、予約を早めに取るのに少し似ているかもしれません。

産後調理院の利用にかかる費用は?

調理院の料金には幅があり、地方に行くほど安くなる傾向にあります。

ソウルの平均的な金額は、2週間の利用で約20万円~40万円ほどの様です。特別室などを利用すると金額は約80万円前後になります。

小雪さんが利用した事でも話題になった産後調理院は、2週間で10万円のお部屋もあったようで一時ニュースでも話題になりました。

産後調理院の様々なサービス

調理院では入院中の赤ちゃんのお世話(希望する場合)、食事、母乳マッサージや母乳育児の指導などが基本コースになっています。

更に希望する場合はオプションで骨盤の矯正、ヨガやエステ、皮膚科を併設している調理院などではシミ等のレーザー治療のサービスも受ける事が出来ます。

また調理院に入院中に整形をしてしまう人もいるそうです。

日本にもある産後ケア施設とは?

日本でもまだ数は少ないですが、韓国の産後調理院に似た産後のケア施設があります。

サービスの内容などは施設によって違いがありますが、基本的には赤ちゃんのお世話や母乳育児の指導、料理、マッサージなどを受ける事が出来ます。

プランも施設によって異なり、日帰りや宿泊、兄弟のいるご家庭は一緒に過ごせるものまであり、自分に合ったプランを選ぶ事が出来ます。

日本国内のケア施設を下記にまとめてみました。

産後ケアセンター

Mammy Camp TOKYO BAY

●医療控除対象の宿泊施設です

・詳細は電話、または問合せフォームからお問合せ下さい

住所/千葉県船橋市浜町2丁目2−7ビビット南船橋4F

電話番号/0120-894-091

とよくら産後ケアハウス豊倉助産院 東京赤坂 ●日帰りプラン(10:00-15:00)¥20000(税込)

・昼食、フットバス、赤ちゃんの沐浴、赤ちゃんの体重測定、授乳アドバイス、育児相談など

(別料金でアロママッサージケア有※要予約)

●宿泊プラン一泊¥64800(税込)

・サービス内容はお問合せ下さい

住所/東京都港区赤坂6-9-13

電話番号/03-6230-1135

武蔵野大学付属産後ケアセンター桜新町  

 

●日帰りプラン(10:00-19:00)¥21100円(税込)

・各種ケア、相談、食事(一日二食+夜食付)

●宿泊プラン一泊¥32900円(税込)

・サービス内容はお問合せ下さい

※世田谷区、杉並区の子育て利用券が利用可能(詳しくはセンターまでお問い合わせください)

住所/東京都世田谷区桜新町2-29-6

電話番号/03-5426-2900

ケアハウスとは違いますが、入院期間中の料理に力を入れていたり、エステの無料サービスや母乳育児の指導に力を入れている産院もあります。

また自宅に産後ケアについて専門知識を学び、資格を取得した産後ケアリストに訪問してもらうサービスも利用する事が出来ます。

育児についての相談だけでなく、赤ちゃんを育てて行くための環境を整えるアドバイスや、ケアリストによっては骨盤調整のサポートが出来る人もいます。

詳しくは日本産後ケア協会のケアリスト一覧で自己紹介を見る事が出来ます。

●日本産後ケア協会HP⇒http://sango-care.jp/course/

 

いかがでしたか?

日本ではまだ産後のケアだけに力を入れた施設は少ないですが、韓国の調理院を利用するととても快適に過ごす事が出来そうですね。

出産は女性にとっては心身ともに大きな変化を伴う大仕事です。より快適に過ごせる環境を作っておく事で産後の身体の回復も早まり、育児に専念できますね。

あなたにおすすめの記事


検査薬文字入り

コメントを残す