妊娠中・授乳中の食事、葉酸の摂取

不妊2

妊娠中の食生活についてまとめました。

色々な食品を様々な調理法で

妊娠前も妊娠中も、食事はバランスよく
適量を食べることが大切です。

ポイントの1つが、カロリーの帳尻合わせを
しないことです。

例えば、
「今日はおやつを食べたから夕食は炭水化物を抜こう」
「昼食はパンだけ」
など、同じものばかり食べるのも栄養が偏る
ので妊婦、授乳中の身体には良くありません。

赤ちゃんの骨や歯を作る

不妊3

妊娠中の母体がとる栄養素は、お腹の中の
赤ちゃんの骨や歯の健康にも関係しています。

妊娠中はカルシウムだけでなく、タンパク
質、リン、ビタミンA・C・Dなどの栄養素を
含む食品をバランスよく摂取することが
大切です。

ビタミンDは赤ちゃんの将来の骨量を高める
ためにも重要です。

サケ、イワシ、サンマなど魚介類、きくらげ
や干ししいたけなどのきのこ類などに多く
含まれています。

葉酸は一生涯摂取したほうがいい

妊娠を望んでいる人や妊娠中の女性は、
妊娠前から妊娠初期にかけて適量
(1日0.4mg)の葉酸を摂取することで
胎児の神経管閉鎖障害(二分脊椎など)
の発症リスクを低下させると厚生労働省
が発信しています。

※経管閉鎖障害とは、妊娠初期に脳や脊髄のもととなる神経管と呼ばれる部分がうまく形成されないことによって起こる神経の障害です。葉酸不足だけでなく、遺伝要因などの多くの因子が複合して発症する。

また、葉酸は妊娠中の血圧が高くなるのを
抑え、さらに将来の高血圧や動脈硬化、
がんの予防にも有用とされています。

なので妊娠前、妊娠中に関わらず、生涯に
わたって葉酸を摂取することがとても大切です。

葉酸を含む食材は、ほうれん草、
ブロッコリー、春菊などの緑黄色野菜や
枝豆、いちご、納豆などにも多く含まれて
います。

妊娠中に安心して食べられる魚

一部の魚には水銀が含まれ、赤ちゃんに
影響を与える可能性があると言われています。

しかし、魚介類は良質なタンパク質や
DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサ
ペンタエン酸)を多く含みます。

栄養バランスのよい食事には欠かせない
存在です。

サケ、アジ、サバ、イワシ、サンマ、タイ、
ブリ、カツオ、ツナ缶などは安心して
食べることができます。

妊娠中の食中毒予防

妊娠中は免疫機能が低下して、食中毒など
食べ物が原因の病気にかかりやすい状態です。

また、妊婦に症状がなくても赤ちゃんに
食品中の病原体の影響が起こる場合が
あります。

これらの多くは、原因となる細菌やウィルス
が付着した食品を食べることによって
起こっています。

普段から食品を十分に洗浄し、加熱し、
調理器具も清潔に保つように心がけましょう。

⇛アラフォーの私が2人目不妊を克服した方法はこちら

あなたにおすすめの記事


検査薬文字入り

コメントを残す