コヒーシンとは?高齢流産、ダウン症の原因が判明

妊婦

2015年7月1日(水)に理化学研究
所などの研究グループによって、
高齢の妊娠での染色体異常が引き
起こす流産やダウン症の出生の原
因が判明
しました。

これは出産希望の女性にとって重
大な研究結果です。

高齢出産の染色体異常の原因は?

英オンライン科学誌「ネイチャー・
コミュニケーションズ」に掲載された
論文によると、

卵子内の染色体同士を結びつける
タンパク質「コヒーシン」の減少
が高齢の妊娠での染色体異常が
引き起こす流産やダウン症の出生
の主な原因となっているとのこと。

卵子の染色体が誤って分配される様
子を世界で初の発見をし、結論づけ
たそうです。

人間の卵子は排卵前に染色体46個
が半々に分かれて細胞分裂を行う。

年齢が上がると、半々に別れた時の
分配の誤りが増える。今までその原因
が不明でした。

今回、理化学研究所は高性能顕微
鏡で分裂時の染色体の動きを撮影し、
原因究明に取り組んだ。

出産適齢期を過ぎたマウスの卵子を
解析したところ、8割で一部の染色体
のペアが他より早く分離する異常が
発見された。

卵子は老化するとコヒーシンが減少
することがわかっていて、染色体を結
びつけるコヒーシン不足が分配の異常
の主な原因とわかった。

不妊治療中の女性の協力で人間の卵
子でも観察し、同様の結果が得られた。

今後は老化によってコヒーシンが減
少する原因が研究される。

この研究によって、高齢出産の可能
性が広がると嬉しいですね。

あなたにおすすめの記事


検査薬文字入り

コメントを残す