凍結胚移植で2人目不妊を克服できる?スケジュールや成功率は?

placard_nurse1_smile (3)

体外受精の中でも着床率が高いと考えられている「凍結胚移植」。

今回はこの凍結胚移植について、具体的な方法、スケジュール、成功率について詳しくまとめています。

体外受精の移植方法にはどんなものがあるの?凍結胚移植とは?

不妊治療において女性の卵子を取り出し(採卵)、体外で受精させた受精卵を「胚」に培養し、体内に戻す方法を「胚移植」と呼びます。

胚移植には、卵子を採卵した月経の周期内で体内に戻す「新鮮胚移植」と、一度胚を凍結しタイミングを図って体内に戻す「凍結胚移植」と呼ばれる二種類の移植方法があります。

どちらも体外で受精させた胚を子宮内に戻すのですが、凍結胚移植の方が着床しやすく妊娠率が高いと言われています。

着床率の高い胚盤胞とは?

受精した胚は培養し細胞分裂を繰り返します。この時培養日数によって胚は「初期胚」と「胚盤胞」と呼ばれる状態に分ける事が出来ます。

初期胚とは卵子を採卵し受精させてから2~3日目の胚の事をさします。また胚を更に数日間培養し、受精してから5~6日目まで成長させたものを胚盤胞と呼びます。受精卵が胚盤胞まで発育する確率は40~50%なので、「胚盤胞」を移植する方法はより妊娠率の高い胚を選んで移植する方法と言えます。

胚移植による成功率(着床率)は?

体外受精後の成功率は、胚移植を受ける女性の年齢や体調、胚の状態にもよりますが、「新鮮胚移植」と「凍結胚移植」、二つの着床率を比べた所、新鮮胚移植を移植した際は約20%の着床率である事に対し、凍結胚移植を移植した際は約35%の着床率だった事が日本産婦人科学会の報告で分かっています。

凍結胚を使った移植スケジュールは?

凍結胚移植を行う為にはまず、先に述べた様に採卵を行い卵子と精子を受精させて培養した「受精卵(胚)」を作る必要があります。

この時に上手く分割が進まず一定基準に達しなかった胚は、凍結保存をしても融解する際に細胞が壊れてしまう可能性がある為、採卵した周期で新鮮胚移植を行う事が薦められます。

一般的に凍結胚移植は培養し「状態の良い胚」を、採卵を行った周期では移植を行わずに一旦凍結保存し、子宮内膜やホルモンバランスの状態がより良い時を選んで行われます。

●移植する周期には以下の二種類があります

①自然周期…月経周期が整っておりホルモンのバランスも良い場合は、自然な排卵のタイミングに合わせ培養した胚盤胞を移植します。

②ホルモン補充周期・・・月経の周期が不順だったり、排卵時のホルモン値が十分でない場合は、ホルモン補充を行いながら排卵日を調節し移植します。

自然周期の方が良いと言う事ではなく、ホルモン値が十分でない場合でもホルモン補充をする事で妊娠しやすい環境を作ってあげる事が可能です。

凍結胚移植のメリット

「凍結胚移植」の大きなメリットは、より子宮内の環境の良い状態を選んで胚移植を行う事が出来るので成功率(妊娠率)が高い事です。

排卵誘発剤などを使って卵子を採卵すると、時に多くの卵子を得る事が出来ますが、同時に卵巣が腫れてしまったり、子宮内膜の厚みが薄い、ホルモンバランスが乱れている等の妊娠しずらい環境になってしまう事があります。

その点凍結しておいた胚を戻す凍結胚移植では、より子宮内の環境が整っている状態で胚を体内に戻す事が出来るので、妊娠率を高め流産の可能性は低くなると考えられます。

二人目不妊だからこそ計画的にすすめよう

●断乳はどのタイミングでするの?

一人目の子供に授乳をしている場合は、断乳のタイミングで悩む方もいるかもしれません。一般的に授乳中は「プロラクチン」と言うホルモンが分泌され、排卵を抑制するようになっています。

その為早く排卵を起こしたいと考えている場合は医師と相談し、ホルモン分泌の状態によっては断乳を考える必要も出てくるかもしれません。

またプロラクチンと同時に分泌される「オキシトシン」と言うホルモンには、プロラクチンと同様に子宮を収縮させる作用があります。授乳による子宮収縮が流産や早産の原因になるという医学的な報告は現在ありませんが、妊婦さんの体調や妊娠状態によっては流産や早産の可能性を考慮し、断乳を進められる場合もあります。

授乳中で二人目の不妊治療を行う時は、合わせて医師に相談しアドバイスをもらうと良いでしょう。

 

いかがでしたか?

凍結胚移植は不妊治療の中でも高額な治療になります。しかし比較的着床率も高く、移植までのスケジュールを組みやすいと言う点ではメリットも大きい治療です。

採卵からスタートする場合は通院回数も増えて来るので、通院時に上の子供をどうするのか等しっかりと考えて行動しましょう。

 

 

あなたにおすすめの記事


検査薬文字入り

コメントを残す