2人目を妊娠したいなら卒乳は必須?授乳中の妊娠率や不妊治療が知りたい

1人目を出産して、まだまだ授乳中なのに、早く2人目が欲しい!

でも、授乳はやめたくない・・・と思っているママたちは多いと思います。

実際どうなのでしょうか?授乳をしていると、2人目妊娠ができないのでしょうか?

今回は、2人目妊娠と授乳の関係について、説明してきましょう。

授乳中の妊娠について

基本的に、授乳中は妊娠しにくいと言われています。

母乳をあげている期間は、基本的に排卵されることがないため、授乳中は妊娠しにくいのです。

しかし、それでも妊娠する女性は世の中にはたくさんいます。

妊娠した理由には授乳とホルモンの仕組みに関係があるのです。

ホルモンと排卵の関係

授乳中は、赤ちゃんがおっぱいを吸う刺激により

「オキシトシン」というホルモンの分泌が促進されます。

そのオキシトシンが排卵をしないようにブレーキをかけるため、基本的には排卵せず、妊娠することはありません。

しかしまれに、ストレスや授乳量の減少により、そのホルモンの分泌が減ると排卵しないように押さえていたブレーキが緩くなってしまい、その結果、排卵を起こし、妊娠につながることがあります。

妊娠するために卒乳をするべき?

するべき、しなくてもいいというのであれば、もちろん卒乳をしたほうが、早く排卵を起こすことが出来るので、卒乳したほうが、早く妊娠が出来るかもしれません。

生理を2回くらい起こしたほうが、子宮もしっかり休めることができ、次の妊娠に向けてしっかり準備を整えてあげることが出来るため、卒乳を勧めるのだと思います。

しかし、必ずしも卒乳しなければ妊娠できないというわけではないのはありません。

授乳中の妊娠の確率

不可能ではありませんが、確率としては高くはありません。

もし、本当に授乳しながらの妊娠を望むのであれば、少しずつ授乳の回数を減らしていき、ホルモンの分泌をおさえます。

ホルモンは夜に分泌されやすいので、夜間だけ断乳するのもいいかもしれません。

不妊治療はいつから始められる?

授乳中でも妊娠することは可能だとわかりましたが、

不妊治療を始める人は、別です。

治療の進め方によっても違ってきますが、不妊治療の際、一般的には排卵誘発剤を使うため、治療を始めると、赤ちゃんにおっぱいをあげることはできません。

排卵誘発剤は、ホルモン剤だからです。(授乳することにより、母乳から赤ちゃんへホルモン剤を投与することになってしまいます。)

2人目の1人目同様に不妊治療での妊娠を希望するのであれば、残念ですが医師に従って卒乳するようにしましょう。

前述してあるように、授乳中でも妊娠は不可能ではありませんが、基本的には授乳中は生理が来ないため、授乳をやめて生理が1~2回きてから、通院することを、不妊治療センターは勧めています。

それは治療の際、検査でのホルモン値を図りながら、勧めていくのですが、授乳をしていると、そのホルモン値が正確に出ない場合があります。

授乳をしながらの妊娠を希望するのであれば、自然妊娠が好ましいかもしれません。

妊娠した後の卒乳

妊娠したら、必ずしも卒乳をしないといけないのでしょうか?

確かに、授乳によって分泌される「プロラクチン」には子宮収縮作用があり、出産で膨らんだ子宮を元の状態に戻す働きがあるため、切迫流産や切迫早産の状態で妊娠中に子宮が収縮してしまうと流産や早産のおそれがあります。

しかし、妊娠中の授乳による流産率が上がると、医学的に証明されていないため、通院している病院の方針に従うことがいいと思います。

まとめ

いかがでしたか?

結論から言うと、

  • 授乳中の妊娠は不可能でない。でも難しい
  • 不妊治療を始めるのであれば、卒乳して1~2回生理を起こしてから通院すること。

この2点です。

早く2人目が欲しいと早まる気持ちを抑えることが出来ないかもしれませんが、妊娠すると、つわりなどで身体が疲労してしまい、食事がとれなくなると、1人目のおっぱいに影響してくることもあります。

夫婦でよく話し合って、いつ2人目を作るのか、決めていきましょう。

あなたにおすすめの記事


検査薬文字入り

コメントを残す