【2人目不妊の体質改善】〇〇で妊娠しやすい体質に!?

1024-cc-library010007566

当記事では、妊娠しやすい体質にす
るための方法を解説していきます。

老化を遅らせて妊娠しやすい体質に

誰もが聞いたことがあるであろう
「アンチエイジング」という単語。

 

最近はアンチエイジングを専門
とするクリニックもあるくらい注目
されています。

 

妊娠しやすい体質にするために
欠かせません。

 

妊活中の方必見です。

 

卵子の老化を遅らせるための方法をまとめます。

妊娠しやすい体質にするために

アンチエイジングと言えば、高い
化粧品を思い浮かべますが、ま
ずは毎日の生活習慣を見直しま
しょう。

 

日々の生活習慣を見直し、サプリ
や医療の成果が出やすい状態に
しましょう。

 

不妊治療はどうしてもお金がかかる
ので、無駄を省き、自分でできること
は自分でしましょう。

食事は最強のアンチエイジング

食生活を改善し、アンチエイジング
するには具体的にどうするべきかを
まとめました。

玄米を取り入れて妊娠しやすい体質に

多くの人は食事や生活習慣の改善
での妊娠しやすい体質づくりは半信
半疑です。
しかし、玄米発酵食を日頃の食事に
取り入れて妊娠しやすくなるケースが
いくつもあります。

 

妊娠だけでなく、玄米発酵食品によっ
てアレルギーが改善された例もあり
ます。

 

女性ホルモンの分泌が少ない方、
低体温の方、月経不順の方にもオス
スメです。

 

玄米はその人本来の健康を戻す
働きがあります。

 

その効果で妊娠しやすい体質に
改善されているのです。

食事で妊娠しやすい体質にするポイント

食事の改善と言われても、何をどう改善
すべきか見えてきませんね。

ここでは具体的な内容をお教えします。

  1. 主食は未精白玄米

    玄米にはからだに必要なビタミンB類やミネラル・補酵素類がバランスよく入っています。それに対し、精米された白米、うどん、パンなどは栄養素を奪う働きをします。これらは消化の段階でビタミンやミネラルなどを消費してしまい、老化を加速させます。特にビタミンB1は不足しています。

    多くの人は食事や生活習慣の改善での妊娠しやすい体質づくりは半信
    半疑です。
    しかし、玄米発酵食を日頃の食事に取り入れて妊娠しやすくなるケースがいくつもあります。

    妊娠だけでなく、玄米発酵食品によってアレルギーが改善された例もあります。

    女性ホルモンの分泌が少ない方、低体温の方、月経不順の方にもオススメです。

    玄米はその人本来の健康を戻す働きがあります。

    その効果で妊娠しやすい体質に改善されているのです。

  2. 発酵食品で「酵素」を補給



    納豆やみそ、玄米発酵食品などの発酵食品には消化酵素が含まれているので消化を助けます。その他の酵素も身体を元気にするのに欠かせません。麹菌や乳酸菌の発酵食品をできるだけ食べるように心掛けましょう。いつもの生活に青汁をプラスすれば簡単に酵素を摂取できます。
  3. 水を飲む



    コーヒーやお茶、清涼飲料水ではなくを飲むようにしましょう。朝起きてすぐと、食事の30分~1時間前に飲むのがお勧めです。食後は栄養の吸収を妨げる可能性があるので食事の前がポイントです。カフェインの摂りすぎは交感神経を刺激し、活性酸素の分泌に結びつくため、控えましょう。目安は1日コーヒー1杯まで。
  4. 身体を温める食べ物を摂る
    lgi01a201410170000

    私たちの身体は酵素で物質代謝や呼吸・エネルギー産生をしていますが、体温が下がると不活化して、病気を引き起こしたり疲れやすくなってしまいます。身体を温めるショウガやにんにくなどの香辛料を積極的に摂取しましょう。服装も手首や首、足首を冷やさないものを選択しましょう。
  5. 食べ過ぎない
    cc-library010008009

    食べ過ぎは病気を引き起こし、短命につながります。食べ物を消化するのには大変なエネルギーが必要です。腹八分目がお勧めです。おなかが空くことが若さを保つ秘訣です。
  6. 副食は「まごはやさしい」を意識
    1024-cc-library010005401

    豆類、ゴマ、海藻(わかめ)、野菜、魚、しらす・しじみ、きのこ類(しいたけ)、芋類、酵素のある生のもの、発酵食品を意識しましょう。
  7. 砂糖(お菓子やジュース)、果物は控えめに
    cc-library010009425

    白砂糖は身体の中でエネルギーになる前にビタミンBや貴重なミネラルを消費してしまいます。また、果物はミネラルや栄養が豊富ですが量は控えましょう。食後は太りやすいので朝など空腹時に食べるようにしましょう。朝ごはんのフルーツが簡単でお勧めです。
  8. 動物性食品(肉・卵・乳製品)や油料理は控えめに
    cc-library010009651

    動物性食品は血液を酸性にしたり、腸内で嫌気性の腐敗菌による毒素を発生することになり、肝臓に負担がかかってしまいます。また私たちは天ぷら油やごま油を多く摂りすぎている場合が多いので注意しましょう。血液をサラサラにしてコレストロールを下げてくれるような青魚や昆布、わかめなどを摂りましょう。ポイントは週に1度、何を食べてもOKな日を設けること。ストレスをためないで継続しましょう。
  9. 調味料「さしすせそ」を良い品質に
    cc-library010008310
    添加物や農薬の多い食品を減らし、なるべく天然のものを使うようにしましょう。

以上が食事で妊娠しやすい
体質づくりの方法です。

 

無理なく継続することが最大の
ポイントです。

 

そして明日からでなく、
いますぐ行動することです。

 

人間は忘れる生き物です。

この記事を見た日は「やろう!」
と思っていても明日には気持が
薄れるものです。

 

今スグ実行して妊娠を目指し
ましょう。

妊娠はリミットがあります。

手遅れにならないようにどんどん
行動していきましょう。

あなたにおすすめの記事


検査薬文字入り

コメントを残す