冷え性が原因の二人目不妊。何が起こっているの?

 冷え性が原因の二人目不妊。何が起こっているの?

「冷え」は昔から万病の元とも言われており、妊活にとって良くない事もよく知られています。

しかし、産後出産が原因で冷え性になってしまい、それが原因で二人目不妊になる可能性がある事はあまり知られていません。

今回は二人目不妊と冷え性の関係についてまとめています。

 冷え性の弊害はどうしてよくないの?

一言に冷え性と言っても具体的にどんな状態を指すのかはっきりと知っている人は少ないかも知れませんね。

体が冷えてしまうと血管が収縮し、体の末端まで血液が行き届きにくくなってしまいます。

血流が滞ると基礎代謝も下がり、体内に不要なものが溜まってしまい体調不良の原因になります。

一般的に免疫力が高まる理想的な体温は36.5℃と言われています。

体温が一度下がる毎に免疫力も約30%低下する事が分かっており、冷えは不妊だけでなく、風邪を引きやすくなったり、むくみや腰痛、肩こり、生理不順、消化不良など様々な体の不調を引き起こす原因となります。

また体が冷えると基礎代謝も低下してしまいます。体温が1℃下がると比例して代謝量が約12%低下する事が分かっています。

 産後体質が冷え性になる事はあるの?またその原因は?

出産するまでは特に冷え性ではなかった女性が、産後冷え性になってしまう事は実は珍しくありません。

ここではその原因をまとめてみました。

産後冷え性になっているかもしれないと心当たりのある人は、注意しましょう。

 <産後、冷え性になってしまう要因>

  • 筋肉量の減少

妊娠中はお腹が大きくなるにつれ激しい運動をする事は難しくなります。その為女性は妊娠を切っ掛けに自然と運動量が減少する傾向にある為、筋肉量が低下してしまう人も少なくありません。

筋肉量が減ってしまうと、基礎代謝量が低下し低体温になりやすくなってしまいます。

  •  ホルモンバランスの乱れ

女性は妊娠すると女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」の分泌量が妊娠を継続する為に増加します。

そして出産後はこれまで大量に分泌されていた女性ホルモンの分泌量が減少するなど、一気にホルモンのバランスが乱れてしまう傾向にあります。

ホルモンバランスが乱れると、自律神経も同様に乱れてしまい体温調節が上手くできなくなるなどの弊害が生まれ冷え性になってしまう事があります。

  • 産後の母乳育児

出産後、母乳を赤ちゃんに与える事で母親である女性の体は貧血になりやすくなります。

母乳はお母さんの血液から作られる為、赤ちゃんに母乳をあげている時の女性は特に鉄分不足になりやすく、貧血気味の人も少なくありません。

貧血は血流を滞らせてしまい冷え性の原因となります。

 冷え性改善に効果的な方法

冷え性は日常生活を少し変えるだけでも改善する事が出来ます。以下に冷え性改善に効果のある方法をまとめました。

  • 入浴方法を見直す

お風呂をシャワーだけで済ませている人は、ぬるめの温度のお湯に15分程度浸かる事で体の中から温まる事が出来ます。

温度は38℃~40℃程度を目安にするとよいでしょう。

  • 適度な運動を習慣にする

運動不足が気になっている人は日常生活で取り入れられる簡単な運動を心がけましょう。

時間を作るのが難しい場合は、エレベーターではなく階段を使ったり、あえて一駅分歩く、テレビを見ながらスクワットをするなど些細な事からチャレンジすると良いでしょう。

筋肉量が増える事で基礎代謝がアップし、冷え性の改善に繋がりますよ。

  • 体を温める食材を取り入れる

ショウガやハーブなど、体の中から温めてくれる食材を取り入れるとよいでしょう。

野菜はニンジンや山芋のように地中で育つものや、冬や寒い地方で育つものは体を温めてくれる効果があります。

また夏場でも冷たい飲み物は内臓を冷やすので、注意しましょう。

  • 禁煙する

たばこを吸っている人は禁煙を心がけましょう。

妊活において喫煙はまさに百害あって一利なしですが、タバコを吸うと血管が収縮するので血行が悪くなってしまいます。

まとめ

「冷え」は不妊を始め、自律神経の乱れや夏バテを引き起こしたりと、体にとってマイナスの要因ばかりです。

体質を改善する事で改善する可能性が高いので、まずは手軽に取り入れられる事から日常生活に取り入れましょう。

継続する事で体質を変えて妊娠しやすい身体作りを目指しましょう。

あなたにおすすめの記事


検査薬文字入り

コメントを残す