二人目不妊治療に助成金はあるの?お金がかかる不妊治療の対策

 

1人目は自然妊娠で授かったのに、二人目は中々妊娠に至らず不妊治療を考える夫婦は少なくありません。

しかしながら不妊治療は経済的な負担も多く、希望していても難しいと思われる方もいるかもしれません。しかし条件を満たす事で助成を受ける事の出来る自治体もあります。

今回は不妊治療の助成金制度などについてもくわしくまとめました。

不妊治療の助成金制度

現在厚生労働省によって特定の不妊治療に関しては助成が行われています。

基本的には高度生殖医療による治療が対象となりますが、二人目不妊での治療でも条件を満たせば助成を受ける事が可能です。

助成の条件は以下の通りです。

対象となる治療 体外受精及び顕微授精
対象者の条件
  • 特定不妊治療以外の治療法によって、妊娠の見込みがない、もしくはきわめて少ないと診断された法律上の夫婦
  • 妻の年齢が治療期間の初日に43歳未満である事
給付内容

※凍結胚移植は除く

  • 一回の治療につき15万円

(ただし採卵を伴わない移植については7.5万円)

  • 通算助成回数…治療初日の妻の年齢が40歳未満/6回まで

40歳以上の場合は3回まで

  • また初回の治療に限り30万円まで助成
  • 精子を精巣、または精巣上体から採取する為の手術を行った場合は、1回の治療につき更に15万円まで助成

 

所得制限 夫婦の合算所得730万円
実施医療施設 指定医療機関一覧

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000047346.html

厚生労働省公式HP http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000047270.html

 

上記以外にも独自に不妊治療への助成を行っている県や市区町村もあります。

不妊治療を考え始めたら、合わせて自治体のホームページで助成制度についても確認してみると良いでしょう。

また不妊専門相談センターでは不妊に関する様々な相談を受け付けています。

各診療機関ごとの不妊治療に関する実施状況なども聞く事が出来るので、迷ったらまずは相談してみるのも良いでしょう。

全国の不妊相談センターhttp://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken03/

お金のかかる不妊治療だからこそ気を付けたいこと

不妊治療は期間や治療内容によってかかる費用も大きく変わります。

治療の中には保険適用外の治療も多く、例え保険診療でも治療が長期間になると経済的負担が大きくなってしまいます。

2013年にNPO団体が不妊症で治療中のカップルに行ったアンケートでは、実に半数以上が治療費に100万円以上かかったと答えており、少しでも経済的な負担を軽減する意味でも計画的に進める事が重要だと言えます。

以下にポイントをまとめました。

不妊治療のポイント3つ

  1. 夫婦で治療に参加する
  2. 情報収集をしっかりする
  3. 医療費控除や高額療養費制度を賢く利用する

それぞれ解説していきます。

①夫婦で治療に参加する

不妊治療と言うとどうしても女性が主体となりがちですが、不妊の原因は女性側だけの問題ではありません。

その為不妊治療を開始する時には、夫婦そろって専門クリニックで基本的な検査を受けておく事をお勧めします。不妊の原因が何なのかをはっきりさせることで、より自分たちに合った的確な治療を受ける事が出来ます。

②情報収集をしっかりする

厚生労働省の助成金制度は不妊治療の中でも特定不妊治療と呼ばれる「顕微授精」「体外受精」を対象にしており、回数や助成を受けられる期間が決まっています。

また助成を受けても治療にかかる費用の全てをまかなう事は出来ません。

現在一部の自治体では、厚生労働省の助成金に独自の助成制度を併用できるように定めている所もあり、中には所得制限をなくしたり、特定不妊治療だけでなく人工授精などの一般不妊治療も対象にしている所もあります。

不妊治療を始める際は、お住まいの自治体の助成制度と、助成対象の医療機関を確認しておくとよいでしょう。

③医療費控除や高額療養費制度を賢く利用する

不妊治療は「医療費控除」の対象になるので、確定申告を行う事で所得税が還付される可能性があります。

また保険診療のみの治療を受けた場合でも、一か月間に支払った自己負担額が定められた上限を超えている場合は、過払い分の医療費が返還される高額療養費制度も利用すると良いでしょう。

夫婦で健康保険が同じ場合は、一ヶ月の間にかかった治療費を合算する事も出来ます。

自己負担額は年齢や収入によって異なるので、申請する前に確認するようにしましょう。

厚生労働省公式ホームページ「高額療養費制度」⇒http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryouhoken/juuyou/kougakuiryou/index.html

いかがでしたか?

不妊治療は費用面での負担も決して少なくありません。国や自治体の助成制度を賢く利用して負担を減らしていきましょう。


検査薬文字入り

コメントを残す